084-959-5616

ブログ

2017/08/15(火)

ヘルニアについて③

カテゴリー:椎間板ヘルニア

 
From 尾熊 展弘

 

治療院より…

 

みなさん、こんにちは!福山市の慢性腰痛専門整体院 一心の尾熊です。

 


本日も数あるブログの中からお読みいただき本当にありがとうございます!

 





 


 


今回は前回でお伝えさせていただいたとおり椎間板ヘルニアの注意点を書いていこうと思います。

 

当院では椎間板ヘルニアで手術が必要とまで診断された患者さんや、全く改善してもいないに

 

薬漬けの毎日を過ごしておられた患者さんも多く来院され、改善されていってます。

 

ですが10人いらっしゃたら全員が全員治せるかというと残念ながらそうではありません。

 


 


その当院では困難な症例をお伝えします。

・動作、時間、温めても常に痺れのある状態。

・足などに痺れのある場所に感覚がない

・足などが動かせない

・排尿障害(おしっこが出ない)

このような症状がある方は病院をご紹介させていただいてます。

 


 


逆に当院の施術が向いている症例を簡単にご紹介します

・両方の足に痺れを感じる(糖尿病と診断されていない方)

・温めると少し楽になる感じがする

・元々、腰痛持ちである。

・昔、椎間板ヘルニアと診断されたことがある

 


 


 


 


椎間板ヘルニアと診断され病院で治らなかった症状も当院では多くの患者さんが改善されてきました。


ですが、治らなかったケースがあるのも事実。

同じヘルニアでも病院での手術が適している場合もあれば当院のような手による施術が


向いている場合もあります。

 


 


当院が必ずと言って気を付けていることは、「患者さんの不利益にならないこと」です。

 


 


椎間板ヘルニアと診断され手術したケースと保存療法(手術しない)のケースでは症状の

 


回復度はどちらもあまり変わらないという報告もあります。

 


 


どっちをでも治るとしたらどうせならメスはいれたくないですよね。


 


 




 


 


 


 




 


 


長くなりましたが、悩まれている方に少しでも朗報になれば幸いだと思い

 


お伝えさせていただきました!

 


 


本日も最後までお読みいただきありがとうございました!

 


 


それでは!
 

 

 

12月3日(土)まで
先着6名様限定割引 → 残り1名様

ご予約は今すぐお電話で

084-959-5616

【受付時間】9時〜19時(日曜日 祝(不定休))

 

LINEでのオンラインご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※お電話によるご予約などのお問い合わせは「9時〜18時」までとなります。時間外のお問い合わせは24時間WEB予約(LINE)からお願い致します。